R100RS-87の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS dm1-4303AUをSSD換装

<<   作成日時 : 2013/01/30 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

すっかりSSD環境に慣れてしまっているので、dm1-4303AUは初めからSSDに換装するつもりでした。
円安の影響でパーツ価格は全体的に値上がり傾向にあるということで、早めに確保しとこうと思い、dm1が手元に届いていない状態で、intel330 120GBを注文。
私が注文したのが1/22で、今日現在で若干ですが値上がりしてるので、その意味では正解だったのですが、2つの誤算が発生。

1.intel330は9.5mm厚ですが、dm1の内蔵Diskは7mm厚
2.intelクローンツール(Intel Data Migration Software)がGPTフォーマット未対応

1は完全に勇み足。9.5mmだと思い込んでいました(^^;)
ただ、実際は筐体内のHDDスペースに結構余裕があり、9.5mm厚でも問題なく取り付けられました。

2はSSDを外付USBケースに入れて接続し、いざクローン作成しようとした時に判明。GPTフォーマットとか全く意識にありませんでした。intelのクローンツールはAcronisのTrueImageの機能限定版ですが、本家TrueImageもGPT対応してるのが最新の2013からなので、仕方ないですね。

まあ、今回は何も環境作りこんでいない素の状態でSSD化できれば良かったので、HPのPCのRecoveryManagerからリカバリ用のUSBメモリを作成し、それからBootして「工場出荷状態に戻す」でSSD化完了。
320GB→120GBに換装してのリカバリですが、自動的にパーティションサイズ調整されて問題無く移行できました。

換装後のCrystalMarkです。トータルスコアがS101Hの2倍超に。
ようやく「買い替えた!」って感じのスコアになりました(^^;)
画像
CrystalDiskMarkの方はこちら。換装前は計測忘れてました。
十分速くはあるのですが、intel330の性能は出し切ってない感じです。
廉価ノートなので、こんなもんでしょう。このクラスのノート用に使うならintel製とか拘らずにもっと安いSSDで十分かもしれません。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ううむ、やってますね。さすがにここまでやると買い換えの値打ちもあるなぁたしかに・・・
しかし、Windows8って、NT6.2だったんですねぇ・・
どっく
2013/01/31 00:23
はい、色々やってます(^^;)
メモリを早く増設したいのですが、納期が長くて、まだ手元に届いてません。
>Windows8って、NT6.2だったんですねぇ・
見た目は大きく変わってますが、OSの基本機能としては化粧直し程度なんでしょうね。確かにModernUI使わずにデスクトップで使うとWindows7との差はあまり感じません。スタートボタンが無いという大きな違いはありますが。
R100RS-87
2013/01/31 19:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
dm1-4303AUをSSD換装 R100RS-87の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる