アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「大失π」のブログ記事

みんなの「大失π」ブログ


またまた大記録

2015/02/11 13:32
大失πでとんでもない記録が!
3秒台、スコア10超とは・・・恐るべしドライアイス冷却

掲示板への投稿内容は↓
http://cgi.www5c.biglobe.ne.jp/~r100rs87/newbbs/c_board.cgi#n_76

画像は↓
http://www.fastpic.jp/images.php?file=0891678489.jpg
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大記録

2014/07/23 09:30
大失πで新記録がでました!
といっても、私ではなく、ホームページの方に来ていただいた新規のユーザーさんです。
記録はなんと6秒フラット!Corei7の5GHz駆動です。
やっぱり、Corei7は速いですね。
AMDはすっかりAPUの方に舵を切ってまいましたが、FXの方も頑張ってほしいものです。

http://www.fastpic.jp/images.php?file=9424639026.jpg
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


2兆5769億けた

2009/08/17 22:10
円周率計算世界記録としてギネスブックに申請したとのこと。
こんなのを見てしまうと最大でも14桁までしか計算できない「大失π」の情けなさが際立ちますね。
思わず嬉しくなってしまいます(^^;)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000048-mai-soci
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


何ゆえ、中古ノートを選択するのか?

2009/05/23 14:53
異論はあると思いますが、ノートPCにはお金をかけない主義です。
高価格、高スペックなものを購入したとしてもいずれ性能は陳腐化しますし、そうなったときにパーツ単位でのアップグレードが可能なデスクトップに比べて、自由度が低いというのが主な理由です。
従って私がノートPC購入するときは、利用用途を限定して、その用途に必要十分な性能のものをできるだけ安価にという条件で探します。

今回購入するノートPCの使用目的は

1..リビングでちょっとネットを使いたいとき等に使う
2.出張に持っていく
3.Linuxを入れて遊ぶ


の3点です。
この用途だと最近はやりのいわゆるネットブックを選ぶのが一般的と思います。
が、新品のネットブックを買うのは面白みに欠けますし、私の感覚だとネットブックでもまだ高いと感じます(^^;)

というわけで、「できるだけ安価にネットブック並みの性能のノートを!」を今回の目標として

1.CPUはCeleronMもしくはPentiumMの1GHz以上
2.メモリは最低でも768MB、できれば1GB以上搭載可能なこと
3.12.1インチ液晶のB5サイズモバイルで重さは1.3kg程度まで
4.価格は15000円以内


の4条件を掲げて、物色を開始。
条件の3,4が結構厳しいところだったのですが、運良く非常に良い品を入手することできました。
それが昨日のエントリに書きましたNEC製のVY10M/BHです。
メモリは256MBと少な目でしたが、純正の外付CD-ROMとFDDが付属して9750円と激安でした。
液晶の表示具合も良好で、良い買い物だったと思います。
メモリは最近非常に安くなったDDR2のSO-DIMMが使えるタイプですので、早速1GBのメモリを購入(TWOTOPで1480円)してきて取付ました。
これでCeleronM1GHz、メモリ1.25GB、HDD60GBと安めのネットブック程度の性能のPCが総額12000円程度で手に入ったことになります。
それに液晶サイズの面では、10インチ前後が主流のネットブックに比べてアドバンテージかな?と自己満足しています。
とりあえず、WindowsXP環境で前ノートとベンチマーク比較してみました。
大失πベースで約1.5倍、HDBENCHベースで約1.8倍の性能向上です。
Ubuntu+LXDEで使うつもりではありますが、WindowsXPでもそこそこ快適に動作します。
やはりメモリの効果が大きいようです。
Ubuntu環境の構築については、また別エントリで。

画像画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0


500億回ループ@大失π

2009/03/10 19:52
耐性試験のつもりでやってみました。
2.5GHz((239×10.5)でも大丈夫そうです。

★大失π(Ver2.0.1) 結果★

CPU名 AMD Phenom(tm) 8450e Triple-Core Processor
動作周波数 2509.67MHz

ループ回数 500億回 計算値 3.14159265356737
小数点以下10桁まで一致しました。
計算時間 3時間52分39秒00 SCORE 2.504(基準機:Duron1000)

画像
記事へトラックバック / コメント


AM2+環境へ移行完了(M3A78-VM+PhenomX3)

2009/03/09 20:08
というわけで、ようやくマザー交換完了しました。
マザー交換自体は特にトラブルもなくあっさり完了しましたが、さすがにチップセットからCPUから全て変わったので当然そのままではXP起動せず。
再インストールを覚悟していたのですが、修復インストール+再アクティベーションでOKでした。
とりあえずノーマル状態(200×10.5=2.1GHz)での「大失π」は↓
画像
交換前のAthlonX2 3800+(2.0GHz)で17秒00だったので、殆ど変わらず。1コアあたりの単純な演算性能はX2とあまり変わらないようです。



少しオーバークロック(229×10.5=2.4GHz)してみました。↓動作クロックなりの向上といった感じです。
画像

とりあえず2.4GHz程度では問題なく動作するようです。もう少し上を狙ってみようと思います。
Hybrid CrossFireもやってみましたが、それは次回のエントリで。

記事へトラックバック / コメント


爆速Corei7

2009/02/26 22:39
拙作のベンチマークソフト「大失π」で久々の大記録が出ました。
Corei7-920の4.1GHz動作で8秒フラットです。
Corei7凄いですね〜。どちらかというとAMD派の私はPhenom購入を企んでいるところなのですが、Corei7にもかなり魅かれ始めました。

ベンチ結果一覧はこちら↓
http://www5c.biglobe.ne.jp/~r100rs87/bench2.html
記事へトラックバック / コメント


A8V-VM&Opteron146続報

2006/03/05 17:36
オンボードサウンドも鳴るようになり、とりあえず完成?です。
サウンドの方の原因は良くわかりませんが、添付CD-ROMのドライバのインストーラからだとドライバのインストールがうまくいかないようです。
手動でドライバを入れることで解決しました。
ただ、これも最初はうまくいかなくて、何度かl繰り返してるうちに何故か出来たという感じなので、本当の原因が何だったのかはいまいち不明です。
クロックアップの方も少しづつ試してるのですが、あまりにあっさりとクロックが上がっていくので、逆に不安です(^^;)
とりあえず、230×10の大失πの結果です。しばらくこれで常用して様子をみたいと思います。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Athlon64速い!

2005/07/05 06:42
画像
拙作のベンチマークソフト「大失π」で凄い記録を出していただきました。
Athlon64 3700+@3026MHz(275×11)で10秒フラットです。
10秒フラット出されたのは2人目なのですが、最初の方の方はAthlon64 FX-51のドライアイス冷却でした。今回は純空冷での記録です。(クーラー直下ではあるそうですが)
Athlon64の速さを思い知らされました。
ちなみにほぼ同じ動作周波数の私のPentium4 2.4@3024では23秒65と半分以下の速度です・・・
ベンチ結果一覧はこちら↓
http://www5c.biglobe.ne.jp/~r100rs87/bench2.html
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「大失π」ブログ

R100RS-87の雑記帳 大失πのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる