R100RS-87の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows8 雑感

<<   作成日時 : 2013/02/01 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

デスクトップのサブ機をWindows8化&ノートPCのdm1-4303AU購入で、我が家にはWindows8環境が2つあります。
スペックを比較すると

CPU   PentiumDC E6600(3.06GHz) ←→ E1-1200(1.4GHz)
Memory DDR2 1GB×2 ←→ DDR3 2GB×1
SSD   intel X25-V(40GB) ←→ intel 330(120GB)
OS    Windows8Pro MC(64bit) ←→ Windows8(64bit)
となり、CPUはどちらもデュアルコアですがクロックは圧倒的にデスクトップが高く、メモリは規格は違いますが同容量、SSDはノートの方が速いという構成。

使用感はノートでも全然問題ないレベルですが、比較するとやはり何か操作した時のキビキビ感(画面遷移の速さ等)はデスクトップがかなり上に感じます。

で、興味本位ですが、デスクトップをダウンクロックして操作感を確かめてみました。
本当はdm1と同じ1.4GHzまで落としたかったのですが、クロックが低すぎても起動しなかった(メモリのクロックが下がりすぎるとNGの模様)ので、設定できたのは結局174×11.5の2GHz。

結果はエクスペリエンスインデックスは殆ど変化無し。CrystalMarkは結構下がりました。
それでもdm1と比べれば、CPUのスコアは2倍以上あるのですが。
画像

それで肝心の使用感はどうだったかというと、殆ど体感差はありませんでした。エクスペリエンスインデックスの通りですね。OSの基本機能使う分にはあまり差は無いようです。
ということで、あくまで私個人の感覚ですが、Windows8はCPUが2GHz&デュアルコア以上であれば、結構サクサク使えるのではないかと。

あ、並べて比べると差を感じるってだけで、ノートのE1-1200でも十分快適に使えてますので、念のため。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Windows8 雑感 R100RS-87の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる